input & output

input したことを output していくブログ

「ルポ 児童相談所」を読んだよ!

 こんにちは、monchyです。

 

サッカーW杯の話題でもちきりな今日この頃だけど、こんな痛ましい事件があったことを覚えているでしょうか。

www.asahi.com

 

両親の虐待で子どもが命を落とす悲しい事件。亡くなった子は、ノートに「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」*1と書いていたとのこと。

同じ5歳児の子をもつ立場として、このニュースを見るたびに悲しく、苦しくなる。

なんで親は虐待をしたのか*2。そして、なんで児童相談所は子どもを助けられなかったのか。

 

そんなことを思っているときに、「ルポ 児童相談所 (朝日新書)」を見つけました。

 

どんな本?

とある児童相談所への密着取材と、現場の方へのインタビューを通じて児童相談所の実態を明らかにしている本だ。

多くの人は直接関わりを持つことがないであろう児童相談所。その内情を知ることができる貴重な本だ。

 

本書ではまず、とある児童相談所*3への密着取材の様子が書かれている。児童相談所が関わっている実際の事案を取り上げながら、職員個人の事案への取組み、地域連携の様子がうかがえる内容となっている。

 

さらに本書では、先進的な取り組みをしている地域の担当者、首長へのインタビューを行なっている。児童相談所が抱える課題や、今後どのように変わっていくのか。その道筋を垣間見ることができる。

 

monchy的注目ポイント

さて、本書を読んでいると、児童相談所の職員の方が、過酷な労働環境にいることが随所に書かれている。

 

子どもを一時保護(職権保護)しにいったとある事案は衝撃的である。

(引用)「いやや、いやや、いやや〜!」

母親は小走りに台所に飛んで行き、シンクの下から包丁を持ち出した。こちらに向かってくるかもしれないと阿部が身構えた瞬間、母親は自分の腹に刃を向けた。 (p.17)

冒頭からドラマのような出だしだが、本書はノンフィクションだ。

 

児童相談所に持ち込まれた事案は、各職員に割り当てられる。職員は、事案の緊急度、重要度に応じて、子どもの安全確認や一時保護に向かったり、子どもの保護者と面談をしたりと、非常に不規則かつ長時間の労働環境にいる。

特に、とある職員が「ほとんどうちがネグレクトです」と漏らす一言が、その現実を如実にあらわしていると感じた。

 

最近注目を浴びることが多い児童相談所の実態を理解するために、本書はうってつけである。本書を読んで問題点を皆で共有し、「どうすれば子どもの安全を確保することができるか」と考えることが大切なのではないかと思う。

 

ルポ 児童相談所 (朝日新書)

ルポ 児童相談所 (朝日新書)

 

 

*1:上記リンク先の記事より引用。

*2:本人たちは虐待だと思っていなかったのかもしれない、という視点は残しておくべきだと思います。周りからみたら明らかに虐待でも、もしこの事件の両親が小さい頃に同様の環境で育てられていたとしたら、それが通常だったのかもしれません。虐待は世代間で連鎖することがあります。

*3:どこの児童相談所かは、本書の中でも明らかにされていない。

「ルポ タックスヘイブン」を読んだよ!

こんにちは、monchyです。

本屋を散歩していたら「ルポ タックスヘイブン」という本を見つけたよ。

職業柄気になったから、早速読んでみた!

 

 

 

どんな本?

この本は、『パラダイス文書』を情報源として、タックスヘイブンを使っている会社や個人を、ジャーナリスト達が追いかけた一連の過程を記したものだ。

ジャーナリスト活動の裏側を、特に、国際的なジャーナリストネットワークの連携を見ることができる貴重な作品だ。

 

誰にオススメ?

そういった内容だから、この本はジャーナリストを目指す人にすすめたい。各国、機関のジャーナリスト達がどのように連携をとっているのか、その片鱗を見ることができる。

反対に、タックスヘイブンの制度や使い方を知ろうとする人にはおすすめできない。monchyも当初はこの目的で買ったのだけど、タックスヘイブンの実務的なことは書かれていなかった。

 

タックスヘイブン?タックスヘブン?

さて、ここまで自然と「タックスヘイブン」という用語を使ってきたけれど、この用語の意味は、みんなわかるのかな?

タックスヘブンではなくて、タックスブン。租税天国ではなくて、租税回避のことだ。

日本では会社の利益に対する税率はだいたい30%程度*1だけど、世界には税率がもっと低い国がある。こういう税率が低い国をタックスヘイブンと呼んでいる。

一部の会社は、なんとか法律の隙間をぬって、日本で出た利益を税率が低い国に移して税金の支払いを少なくしようとする。一方で国家は、租税回避ができないように法律を整備する。こういう戦いが日々繰り広げられている。

 

タックスヘイブンのポイントとしては、必ずしも違法ではないということだ。その点は本書でも認めている。そのうえで本書では、次のスタンスをとっている。本書を読むうえでは、このスタンスを抑えておいたほうが読みやすい。

 

タックスヘイブンをその名前に引きずられて「タックス」の側面だけから見ていては問題を間違って認識することになり、したがって解決策も誤る。タックスヘイブンの問題は税逃れだけでなく、もっと幅広く、究極的には、ここの多くの人々の自由、人権を害する結果を招来するかもしれない不条理な制度欠陥である、ということを忘れるべきではない。

 

monchy的注目ポイント

タックスヘイブンについての説明が長引いてしまった。本書の見どころに移ろう。

 

パラダイス文書」という単語を覚えているだろうか?「パナマ文書」なら覚えているだろうか?どちらもタックスヘイブンに関する機密文書だ。本来表に出てくるものではないが、なぜか出てきてしまった、タックスヘイブンに関する大量の証拠資料だ。

本書の見どころは、「パラダイス文書」の流出から、ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合*2との連携、各国同時一斉報道までの緊張感を、日本メディアからの視点で追体験できることだ。朝日新聞ICIJ取材班の視点で全体の流れ、日本国内における個別の流れを体験したのち、朝日新聞NHK共同通信の3社対談を読むことで、体験が補強される。読み終わると、自分も取材班の一員となったかのようだ。

 

3社対談の中での次の一節が、とても興味深かった。少し長いけど引用したい。

パナマ文書にせよパラダイス文書にせよ、すごい記述があって、その中に不正がいろいろ書いてあるとか、不正じゃないけど秘密がいっぱい書かれていて、それをただちに書けば記事になると思われている。そういうものでは、まったくないですよね。文書の中にあるのはちょっとした表だとか、公文書だとか。そこに独自取材を必ずふまえて、それによって、こういうことがわかったというニュースになるわけ。出発点が文書というだけで、あとは普通の取材、報道。パラダイス文書であれば、パラダイス文書というドキュメントが端緒というだけの話。

 

本書では、ここで書かれている独自取材の難しさ、特に海外との連携があるがための難しさも書かれている。ぜひ本書を読んで、ジャーナリズムに触れてほしい。

 

 

 関連本

本書を読みながら、こんな本があったことを思い出した。ジャーナリストとはどういうものかについて簡単に書かれている。岩波ジュニア新書だが、大学生が読んでも良いだろう。

 

 タックスヘイブンの仕組みについて知りたいのならこちらの本の方がいいだろう。どうでもいいが、「タックスヘイブン」なのか、「タックス・ヘイブン」なのか……。いやはや本当にどうでもいい。

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

 

 

*1:税効果会計で用いる実効税率。利益に対する法人税や住民税などの税率を計算すると、だいたい利益に対して30%くらいの税率になるってこと。消費税や固定資産税など、利益とは関係なく税金が決まるものは、実効税率の計算からは除かれている。

*2: https://www.icij.org

「ゴリラからの警告 『人間社会、ここがおかしい』」を読んだよ!

こんにちは、monchyだよ*1

この間本屋を散歩していたら、普段はあまり立ち寄らない生物関係の棚から、ゴリラがこっちを見つめてた。

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

 

  

スルーしても良かったけれど、ゴリラのまっすぐな目線に負けてお買い上げ。

そんな経緯で買った本だけど、とても勉強になる本だったから紹介したい。

 

どんな本?

この本は、ゴリラ・サルの社会と人間の社会を比べて、最近の人間社会の変なところをあぶり出しつつ、解決策を考えていくという内容だ。

ゴリラやサルの社会といっても、いきなりゴリラが喋り出したり、サルと人間が戦争を始めるようなフィクションじゃない。ゴリラ研究の世界的権威である京都大学総長の山極先生が、ゴリラと実際に生活した中で学んだことをもとに、現代の人間社会(というか主に日本の社会)に警鐘を鳴らすものだ。

 

誰にオススメ?

この本はどんな人に合うだろうか?

ゴリラの絵は表紙にしか出てこないし、挿絵や写真はない。もしかしたらゴリラ好きには物足りないかもしれない。

ゴリラやサルの社会と比較して人間社会のおかしいところを指摘する本は、本書以外には存在しないかもしれない。そういう意味では、新たな視点をえるにはうってつけだ。既存の現代社会に異議を唱える本に飽きた人にはおすすめできると思う。

 

monchy的注目ポイント

この本のmonchy的注目ポイントはここだ!

 

第3章 人類が見落としている平和への近道  サル化した社会が生む短絡的思考


 

この節では、サルが人間のように群れを自由に出入りしないことに着目している。人間の場合は群れの間を自由に行き来する(仕事⇔学校⇔趣味)が、サルの場合にはそういった異動ができない。一度群れから離れたあとに元いた群れに戻ろうとすると、元の仲間から一斉攻撃されてしまう。

人間はもともと許容に満ちた社会を作ってきたはずなのだが、著者はこの点を次のように考えている。

 

昨今の人間社会は次第に不在を許容できなくなっているように私は感じる。常に顔を合わせていないと仲間外れにされたり、スマホをオンにして仲間からの問いかけに即座に応じなければ、友達から拒否されたりするような閉鎖的な感性が育ち始めている。人間の信頼が、過去ではなく現在の関係によってしか得られないという極めて短絡的な思考が蔓延しているような気がする。

それは人間の歴史に逆行し、サルの社会にもどることだと私は思う。

 (文字サイズ&色変更 by monchy)

 

 

「人間に短絡的な思考が蔓延していて、サルの社会に戻っている」という主張は、本書ならではのものだと思い、とても新鮮だった。

ちなみに、ここ以外の節の多くは、『短絡的思考の原因』か、『短絡的思考の結果生じる社会の異変』、もしくは『社会の異変の解決案』について書かれているように感じた。この節の主張を中心に据えて本書を読むと、理解が深まると思う。

 

他の読みどころは?

本書ではこれ以外にも、人間社会で最近(ゴリラ視点で)おかしくなっている点についてたくさんふれられている。いくつか節の見出しをピックアップしたい。

 

・和食はひとりで食べるべからず

・仲間を見つめるゴリラ、スマホを見つめる人間

・感情暴走社会の由来

 

 

ぜひ本書を読んで、ゴリラからの警告を受け取ってほしい。

 

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

 

 

 

*1:硬い文体で書くのに疲れたから方針転換だよ!

「3000万語の格差」親の言葉が子どもの脳を育てる

本書は、親の言葉が子どもの脳の成長に及ぼす影響について書いた本だ。親が実践すべきことと、その背景にある理論、研究が整理されていてとてもわかりやすい。

 

子どもを育てているが、どんな風に子どもに話したらいいかわからない人には、本書が参考になることは間違いない*1

保育者にとっても、子どもの成長を促すための話し方を学ぶために、本書は有用だ。

 

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

 

 

この本の著者であるダナ・サスキンド氏は、小児人工内耳外科医として、耳の不自由な子どもに人工内耳を取りつける手術を行っていた。その中で、手術時点ではほとんど同じような聴力の状態であったのに、手術後の状況が全く正反対、つまり、ある例ではコミュニケーションに難がないのに、別の例ではコミュニケーションがうまくいかない事例に出会った。

この原因を探るために、社会学者に転身した。社会学者として学ぶ中で、「3000万語の格差」を導き出したハートとリズリーの研究に出会い、本書が生まれるにいたった。

 

本書の題名にある「3000万語の格差」とは、4歳時点において子どもが保護者から聞く言葉の数の差である。専門職の家庭(収入の多い家庭)の子どもは、生活保護世帯(収入の少ない家庭)の子とくらべて、4歳時点で「3000万語」も多い言葉を聞いているというのだ。

また、言葉の量だけでなく質についても注目したい。専門職についている家庭の子どもは、肯定的・応援の言葉(「いい子だ」「その通り」)を生活保護世帯の子どもよりも多く聞いているうえに、否定・禁止の言葉(「ダメな子」「間違ってる」)を聞く回数は少なくなっている。4歳時点で比べると、専門職家庭の子は生活保護世帯の子どもに比べ、肯定的な言葉を約56万回多く聞き、否定的な言葉は12万回少なく聞いているのだという。 

 

こうした研究から著者は、言葉の量と質に注目し、「3000万語イニシアティブ」プロジェクトを開始した。ここでは、保護者が実際に子どもに対して言葉を向けるにあたって意識すべきことを「3つのT」として紹介している。

 

本書で紹介されている「3つのT」とは、”Tune In” , “Talk More” , “Take Turns”の3つである。簡単に紹介したい。

 

Tune In(チューン・イン):子どもが集中している対象に保護者が気づき、適切な場合にはその対象について子どもと一緒に話すこと。

 

Talk More(トーク・モア):子どもと話す保護者の言葉を増やすこと。単語の数だけでなく、どんな単語を使うのか、単語をどのように言うかも大切。

 

Take Turns(テイク・ターンズ):子どもを対話のやりとりの中に引きこんでいく方法。チューン・インし、トーク・モアをした後に、保護者は子どもが反応するまで「待つ」。

 

本書では、「3つのT」の実践会話例もいくつか出ているのでぜひ見てほしい。「こんなに話すの!?」と驚くし、自分がいかに子どもに言葉を向けていなかったのか反省すると思う。

 

便利なツールである「3つのT」が書いてある第5章に注目が行きがちだと思うが、個人的にはその前の第4章「保護者が話す言葉、そのパワー」をじっくりと読むことが本書の醍醐味だと思う。

自己肯定感(内面の満足)に対する言及、子どものグリット(頑張り、辛抱強さ、勤勉、我慢など)の育て方、男女差の原因、などなど、保護者目線で読んでいてとても勉強になった。

 

さて、読んだことは早速実践に移すに限る。

砂場で遊んで砂だらけで帰った子どもを自発的にお風呂に行かせるように、「3つのT」を試してみた。

 

Tune In

子どもは汗だらけの泥だらけである。子どもは手が汚れていることを気にしている。

 

Talk More

娘ちゃんいっぱい汚れちゃったねー、お砂いっぱい着いてるねー。汗もベトベトだねー。このままご飯食べるよりも、お風呂入ってきれいになってからの方がご飯おいしいんじゃないかなー。スッキリして食べたいなー。夜ご飯は鳥肉だよー、スッキリして食べたいねー。

 

Take Turns

娘ちゃんどうかなー、おふろ入るかなー?えー、入らないのー。ベタベタだけどいいのー?スッキリしてからの方がいいんじゃない?そうだよねぇ、お風呂入った方がいいよねー。じゃあお風呂入ろっかー。ほーら、一番に入っていいよー。

 

無事にお風呂に入れることができた。

これは思った以上に頭を使う!けど楽しい!

 

本書を読んで、是非実践してみてほしい*2

 

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

 

 

 

*1:本書で紹介されている「3つのT」を踏まえた話し方の例がいくつかのっている。

*2:街中は確実にうるさくなるだろう

おとうさん なぁに おとうさんって ちょっとくさい

今週のお題「おとうさん」

 

保育士試験の実技(音楽)の課題曲のひとつが、「おかあさん」。

ゆっくりした短い曲で、ずっと練習してると飽きてしまう。

 

そこで、しょっちゅう「トトくさい!」というわが子のために、替え歌「おとうさん 〜その臭いとともに〜」を作った。

「おかあさん」のメロディにのせて口ずさんでほしい。

 

おとうさん

なぁに

 

おとうさんって

ちょっと くさい

 

あたまのてっぺん

あせくさい

 

みみのうしろは

ツンとくさい

 

 

ぜひご利用ください。