input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

月曜日に考える 仕事を辞めるとき

仕事の辞め時とはいつなのだろうか。

 
身近なところで何人か、仕事を辞めると聞いて、ふと考えてみた。
 
辞める人たちの事情を聞いてみると、「労働時間が長すぎて辛い」「家事をしながらだと到底厳しい」「実家を継ぐため」等々、理由はいろいろあります。ひとつ引っかかるのは、「労働時間が長すぎて辛い」という理由。
 
確かに周りを見てみると、働きすぎて体調を悪そうにしている人は少なくない。その一方で、働きすぎているけど、どんどん元気になっていく人もいる。この違いはなんだろうか。
 
本人がどう思っているか知らないが、私の見解では、働いて元気になっていく人は今の仕事がとても好きなのだと思う。結構当たり前の見解。
 
では、体調を崩す人はどうだろう。これも私の見解だが、仕事を好きではないのだと思う。気をつけて欲しいのは、「好きではない」の範囲は広い。「好き」じゃなければ「好きではない」。
「普通」でも、「好きではない」のだ。
 
ワークライフバランスを考えてみよう。ここでは、健康を大切なものとして、ハードな仕事とどちらを取るか、言葉の印象だけで考える。大事なことは、ワークライフバランスを単に仕事以外の生活の質と考えずに、仕事を含めた生活の質と考えることにあります。
 
  • 「好き」な仕事と、大切な健康。
  • 「普通」の仕事と、大切な健康。
  • 「嫌い」な仕事と、大切な健康。
さぁ、どうでしょう。
あなたならどれを選びますか?  
 
私は「好き」な仕事も、大切な健康も両方とります。
だけど、「普通」や「嫌い」な仕事ごときで健康が保てなくなるなら、間違いなく仕事を切ります。
 
そうやって、確固たる意志を持ってすれば、仕事を辞める時も自ずと決まる。
そう思いませんか?
 
妻から、仕事と健康に加え、家事も追加しなさいとブーイングが来そうです。
この意思は秘密にしておきましょう。