input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

絶食24時!妻への抗議のため、私は「食べない」ことを選択した。

 

些細な一言から、壮絶な夫婦喧嘩は始まった。普通に見える夫婦の間には「鉄のカーテン」が降りている。夫は些細な抗議のため、妻が用意したものを「食べないこと」を選択したが……。

 

f:id:monchy-monchy77:20151220084235p:plain

 

 夫婦の喧嘩。これはほんの些細なことから始まります。

 今日は、これから夫婦になる人、まだ新婚ホヤホヤで「夫婦喧嘩なんか起こるはずな〜い♩」という妄想を抱いている人、すでに熟年夫婦で「夫婦喧嘩

 

か、懐かしいな……」という人たちに、話のネタを送りたいと思います。

 

それはほんの些細なことから始まった。まさか、あの一言でこんなことになるとは……

一昨日、夜10時ごろ。子供が早く寝ないことに頭を悩ませていた妻。そこに火種を投下した私。

 

妻 「もう10時になる!早く寝かせないと!」

私 「自分が子供の頃は、小学校中学年くらいまでは9時前に寝て……」

妻 「もうその話は何回も聞いた!」

私 「じゃあもう以前話したことは話さなくていいのね。新情報以外の会話は不要ね。

 

昨日の朝

 

妻 「………(目も合わせない)」

私 「1日話さないつもり?」

妻 「だって、もう話さないって言ったでしょ?」

私 「!?」

 

 どうやら、些細な一言かと思っていたら、原爆級の玉を落としていたようです。

 

私は抗議の意思を示すことにした。ただ、「話さない」を選択した妻に説得するのも難しいので、「食べない」ことを選択した。

 妻の「話さない」という意思を確認したのち、対抗手段として妻が用意したご飯を「食べない」を選んでみました。なんでこんな方法を選んだか?

  • もともと食にこだわりがない。1食抜いても大丈夫。(早期解決となると予測していた)
  • 「話さない」に「話さない」で対抗してもわかりにくい。目に見える形で抗議をしたかった。

 こうして、無宗教ラマダーンが始まりました。ラマダーンの期間中でも食べていい時間帯はあるようですが、ここは思い切って「水以外は摂取しない」と決めてスタート。水を飲んでいれば、3日〜1週間くらい死なないんですよ……ね?

 

せっかくなので、食べないことで見つけたメリットを発表!

 絶食をして見つけたメリットは「おしっこの色がきれいになる」ということです(お食事中の人、失礼)。無色透明に近くなっていきます。これなら、1回くらいは流さなくてもわからない♩

 あと、食後に気分が悪くなることがままある自分としては、「食後のストレスがない」というのは意外とメリット。

 

 

 それ以外のメリットは、残念ながら今のところはない!

 そういえば、昔読んだ「蛇にピアス (集英社文庫)」でも、拒食症か絶食のことが扱われていたなぁ、と不意に思い出しました。絶食が進むとどうなるかは本書を読んでみてください。

 

さあ、これからどうしよう?

 このまま絶食を続けるか。実家に帰ってコソッと栄養補給をするか。非常に悩みどころです。

 ただ、絶食が24時間続いている今の状態は、「あ〜はらへった〜」の一言です。他に得るものはありません。

 

 夫婦喧嘩は犬も食わない。されども犬はきちんと飯を食う。

 

 抗議の意思を示すときには、適切な方法をとることをオススメします。

 一番良いのは、抗議をするよりも、サクッと謝ることだなぁ。

 

 あ〜はらへった〜。