input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

ボーッと考える時間が大事だ。その時間に貴重なアウトプットができている。

ボーッとして、悩みを理解し、解決策まで考える。60分投資することで、どれほどのリターンを得られるのだろうか。明日、休日なのに仕事をするつもりの人には、ぜひ60分遅刻してでもボーッとしてほしい。

 

 

最近、ボーッとしてますか?

 最近、1時間くらい何もせずにボーッと過ごしたことはありますか?

 

 「そんな時間があるなら仕事をする!」「本を読む!」「家事を片付ける!」

 

 「ボーッとする時間なんてない!!!」

 

 そんなクレームが聞こえてきます。

 忙しい人ほど、文句を言わずに60分ボーッとしてみてください。 

 

ボーッとすると何かがアウトプットされる。

 ボーッとし始めると、まずは不安になります。

 「この時間に仕事をできれば……メールが来てるかもしれない……期限に間に合わなくなるかもしれない……。あぁ、ボーッとしようなんて思うんじゃなかった……。」

 

 10分くらいすると、今度は悩み事が前面に出てきます。

 「あの仕事いつまでに終わらせるんだっけな……ミーティングの資料作ってないけどどうやって終わらせよう……経費の精算するの忘れてた、急がないと……」

 

 30分が経過する頃には、何度も頭をよぎることが明確になってきます。

 「ミーティング資料……経費精算……アポ取り……」

 

 残り20分くらいになると、頭の中で解決策を組み立てるようになります。

 「資料にはこの分析を入れよう。あの本を参考にしよう。経費精算は10分で終わるから朝一にやってしまおう。アポ取りは電話のほうが早いな、不在も考慮して3回くらい電話をする予定を組んでおこう」

 

 ボーッとしている間に、「解決策」がアウトプットされました。

 ちょっと出来過ぎな例かもしれません。人によっては悩み事ばかり出てくる60分の場合もあるでしょう。それでも、「悩み事」というアウトプットがしっかり出ているんです。

 不思議ですね。ボーッとしていると何かがアウトプットされるんです。

さぁ、思考タイムは終了だ!今度は体を動かそう!

 アウトプットされた情報は記録しましょう。ノートでも、付箋でも*1スマホのメモ帳でも、wordでもいいです。悩み事も解決策も全部書きましょう。どんなにいいことを考えついたとしても、忘れてしまっては意味がありません。もし忘れてしまったら、さっきの60分で何も生み出せなかったことになってしまいます。

 殴り書き、箇条書きで大丈夫です。忘れない程度にメモをしましょう。

 

 メモを作ったら実行しましょう。実行に移せない?それならまた60分くらいボーッとしてみてください。今回は悩みの種は明確です。解決策を編み出すことに、60分のほとんどを使えるでしょう。

 

適当な参考文献

 最近本のインプットが減っているせいで、紹介する本がマンネリ化してきました。個人的には非常に悩んでいます。この悩みを解決するために、早々に記事を切り上げて、風呂に入りながらボーッと考えてみたいと思います。

 

  何度も読みたい「7つの習慣」。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

 アウトプット法として有用な「0秒思考」。

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

 ボーッとすることは、もしかしたら「エッセンシャル思考」への近道かもしれない。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

 ボーッと電車を眺めるのも良いかもしれない。

https://www.instagram.com/p/BAuJLOdnJmM/

Instagram