input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

一人でやってもいいけれど、チームが必要なときがあることを「いないいないばあっ!」は教えてくれた。

いないいないばあっ!」は、チーム力で子供を虜にする番組だ!ゆうなちゃんのソロイベントで、この力では敵わないチーム力の素晴らしさを知った。

 
 「こんなやついなければ良いのに。」
 チームで仕事をしている人なら、誰もが思っているでしょう。選抜された日本代表チームならまだしも、単なる寄せ集めだったらなおさらです。
 「馬を飛ばそう」では、チームでやることの代表格である『ブレインストーミング』に意味はないと主張されています。
 
 大事かどうかわからないチームですが、今日はチームの大切さについて考えさせられることがありました。
 
 

杉山優奈ちゃんが近くの住宅展示場に来た!

 家から自転車で30分ほどの住宅展示場に、杉山優奈ちゃんが来ました!
杉山優奈ちゃんといえば、『いないいないばあっ!の5代目お姉さん』ですね。今はいないいないばあっ!は卒業し、「あつまれ!ワンワンわんだーらんど」に出演しつつ、ソロで歌を出しています*1
 テレビでは何百回も見た優奈ちゃんですが、生で見るのは初めて。テレビよりも可愛く、いつもの比較対象が幼児のせいか、思ったよりも背は低かったです。
 

可愛いだけじゃ物足りない。

 そんなゆうなちゃんのソロステージ!……なんですが、ぶっちゃけ物足りない。理由は簡単。
 この2点につきます。
 帽子をかぶったゆうなちゃんに、とある小さな観客から一言、「ゆうなちゃんじゃない!」。大人が心でこっそり思ったことを大きな声で主張する子供は怖い。やはり、あの髪型があってこそのゆうなちゃんです。
 ワンワン、ウータンとの掛け合いがないのも物足りない。必要なのは司会のお姉さんの進行ではなく、ワンワンのシュールなボケとウータンの甲高い声なのです。
 
 

君にトモダチは必要だ!

 なんとも微妙な盛り上がりとなった優奈ちゃんワンマンショー。成功させる方法は簡単、チームで戦えば良いのです。
 裸一貫で攻めこんで無様な結果をさらすのは愚かです。大切なトモダチを引き連れて戦場に向かいましょう。
 
 一人でやった方が早いかもしれません(多忙なワンワン、ウータンとの調整も不要です)。でも、一人でできないのならば、トモダチの力を借りる方が成功に近いな、とゆうなちゃんに教えてもらいました。
 

自分で考えたり、チームについて考えるためにはどんな本を読んだらいいのだろう?今日は3冊紹介!

 

馬を飛ばそう

馬を飛ばそう

 

 

 この間も紹介した「馬を飛ばそう」をもう一度。内容の紹介としては、HONZのレビューを見るのが手っ取り早い(→http://honz.jp/articles/-/42279)。自分一人で考えることの大切さを考えさせてくれるこの一冊。お一人様の大切さを思い出してください。

 

スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学

 

  最近の漫画で有名なチームといえば「ワンピース」の麦わら海賊団ですが、「スラムダンク」の湘北高校も思い出してあげてください。と言いつつも、この本が出たのは15年も前なんですね。思い出す以前に、知らない人が多くなってきたのかもしれません。

 

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)

 

  こちらもチームとして思い出して欲しい、ネズミたちの物語。理論うんぬんではなく、純粋にチームが頑張っている姿を見られます。こうやって過去の名作がKindle化されて手に入れやすくなるのはとても嬉しい。ゆうなちゃんもこの本を読んで、ワンワンとウータンの大事さを思い出してほしい。

*1:詳細はこちら→杉山優奈 - Wikipedia