input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

ベビースイミングは、子のためか、親のためか

子育て家庭が通る道、ベビースイミング

 

  • 母がチラシで見つけて、応募。母が自分で連れて行く。
  • なぜか父が連れて行くことになる。
  • 途中で飽きて母に託す。
  • 意外と父母がハマってスイミングが趣味になる。

いろいろな経路を通って、ベビースイミングに行く家庭は結構あるのではないだろうか。

我が家は、自分(夫)は全く興味がなかったけれど、妻が見つけてきて、最初は妻が行っていたのだけれど、なぜか自分が行くことになっていた。

 

最初は相当面倒だった。仕事を優先させてプールを休むこともあった。

 

けど今は、仕事よりもプールを優先している。なぜか。それはベビースイミングの効用に気付いたからだ!

 

  • 子供の体力作りになる。

なんだかんだ、プールで子どもはよく動く。まだもがいているレベルだけど、相当体力向上に貢献しているなぁと実感している。もがいているだけでも、良いものなんだなぁ。

  • 自分の運動になる。

強制的に週1回行くことで、定期的な運動になる。だいたい1時間くらい水の中で子どもを抱えて動くと、結構負荷のかかる運動だ。水の中でダンスをするときがあるんだけど、そんな時は昼寝が捗るくらいに疲れる。

  • 子供と二人で触れ合える。

意外と子供と二人っきりになれる時間は少ない中で、プールにいる1時間くらいはしっかりと触れ合える。すごく貴重な時間。仕事は仕事で大事だけど、休日にきちんと子供と触れある時間を作ることは、とってもステキなんだ。

 

子供と過ごすための時間を、週1回でも取れるようにしておくことは、自分のためにも、子供のためにも大切なことだと思います。

 

そのために、今面倒だと思ってやっていることを、少し視点を変えて考えてみてはいかがでしょうか。