input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

フルスロットルで遊ばせるか、ブレーキをかけるか

newspicks.com

真の才能は「狂気に満ちた集中」から生まれる | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

NPでもコメントをしたのだけれど、改めて考えたいと思う。

 

息子は電車が好きだ。新幹線が好きだ、特急が好きだ、在来線が好きだ。貨物列車が長い編成で走り抜けていく様などはもうたまらない。。。

 

と、全文コピペするとさすがに長ったらしいので、端折るけれども、とにかく息子は電車が好きだ(若干トミカに浮気をしている気がするが、それは置いておこう)。

 

電車のDVD*1や、テレビの電車特集を食い入るように見ている*2

野菜や動物よりも、電車の名前の方が覚えている数が多い*3

 

そんな息子を、どこまで電車に走らせて良いものか、悩む。

特に、プラレールで遊んでいる時や、DVD・テレビを見ている時なんかは、「外で遊んだ方がよっぽど良いのではないか……」と非常に悩む。案の定、電車で遊ぶのをやめさせて外に連れ出すと、非常にグズる。

 

フルスロットルで電車で遊ばせていれば、将来電車に革命を起こす超天才児になるかもしれない。一方、少しブレーキをかけて、いろいろな遊びをさせたい……。

 

newspicks.com

経営者は「強いものをより強くする」戦略をためらってはならない|コマツ相談役 坂根正弘|ダイヤモンド・オンライン

 

個人的にはこの記事にはすごく共感していて、強みをさらに伸ばすことはとても大事なことだと思う*4

 

ただ、自分の成長はこれで良いと思うけれど、子育てにこれを実行する決断ができない。そうこうしているうちに、この間娘が生まれた。この子が何かに一直線に走り始めたら、一体どうすれば良いのだろうか。

 

二人とも電車に向かった時は、諦めて鉄分を伸ばそうと思います。

*1:プラレールの宣伝みたいなやつ。

*2:その過程で、「ガッチリ!」という合言葉を覚えた。ガッチリマンデーの電車特集、というかJRや私鉄の特集期待してます。

*3:犬と猫はたまに間違えるが、はやぶさとスーパーコマチは間違えない。

*4:弱点を補強したり、できないことをできるようにすることは当然大事だとは思うけど、強みを伸ばした後にやれば良いことだと思う。