input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

「マスタリー」を読んで(その3:Ⅲ 達人の力を吸収する……師が持つ力)

マスタリーのⅢ章を読み終わりました。

この章では、師(メンター)の存在がどのようにマスタリーへの道につながるかについて記述されています。

 

 

 

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

 

 

 

 

目次

Ⅲ 達人の力を吸収する……師が持つ力
    知識を黄金に変える
    マスタリーのためのヒント
    師との関係を深めるための方法
        1自分の欲求と志向に一致する師を選ぶ
        2師の鏡の奥をのぞきこむ
        3師の理論や手技を焼き直す
        4相乗効果を生み出す
    もう一度考えてみよう
 

ざっくり要約

師の指導を受けることで、効率的に学ぶことができ、限られた時間を無駄に過ごすことがなくなる。そのためにも、自分にふさわしいしかるべき師を見つけよう。そして、師の知識を身につけたら、師の陰にとどまるようなことをせず、師の業績と英知を超えることを目指そう。
 

注目フレーズ

仕事を始めてすぐにしなければならないのは、できるだけ効率的に実用的な知識を身につけることだ。この目的のために、修行機にあなたが納得して従うことのできる師が必要になる。その必要性を認めたとしても、自分が劣っているわけではない。メンターの力を借りて弱点を克服しようとしているだけだ。
メンターを選ぶときには、自分の成功と好みと人生でやるべき仕事、将来なりたい自分の地位を認識し、それと同じ線上にある人物を選ぶ。
師弟関係の力学は、親または父親的存在の力関係の再現である。自分が生まれる家庭は選べないが、どのメンターを選ぶかは完全に自分の自由だ。
達人とはそもそも、散々苦しんで今の自分を作りあげてきた人たちのことである。……彼らは、創造性を発揮する段階に達し、それを超えて進むには何が必要かを直感的に知っている。メンターである彼らだけが、私たちの進歩の度合いを測り、性格上の欠点を見抜き、進歩するために乗り越えなければならない苦難をわかっている。
メンターなしで何かを始めるのは決して賢明ではない。自分に足りない知識を明確にする段階で、貴重な時間を浪費してしまうからだ。しかし、ほかに道がないときはある。メンター候補がいないときは、自分で工夫するしかない。しなければならないことを不平を言わずにすることだ。……この道を選択せざるを得ない場合、……完全な独立独歩をつらぬくべきだろう。そうした状況では、自分が自分の先生兼メンターとなるしかない。

 

感想

この章を読んでいて、なぜか大塚家具のお家騒動を思い返していました。あの親子は、実の親子であり、一方で師弟関係でもあったのではないか。あの騒動は、師を超えるための通過儀礼だったのではないか。と勝手に想像を膨らませていました。
メンターの重要性を強調しつつも、候補がいない場合もあると指摘されている点について、とても共感できます。ここで紹介されているメンターは、弟子にとってスターのような存在と見受けられますが、実際にはそのような人はなかなかいません。誰しも何かしらの欠点を持っていて、その欠点が目立つが為に、メンターとして選べないということは十分にある話です。
また、一人のメンターにつくのが最善としつつも、複数のメンターを持つことの有用性や、文献をメンターとすることについても(「一時的に」という限定はありますが)筆者は認めています。一人のメンターを見つけるまでメンターを持たないのではなく、書籍を含め複数のメンターを持ち、そこから一人の(もしくは少数の)メンターに辿り着くという方法もありえるのだと思います。自分にふさわしいメンターを見つけるという観点からは、この方法は有効だと感じました。
 
あなたにメンターはいますか?
いないなら、ひとまずこの本をメンターとしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力