input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

飲み会で2次会を避けるための3つの秘訣

あなたは飲み会が好きですか?私は嫌いです。特に、会社の付き合いで飲みに行く時間は大っ嫌いです。すべてを断ることは可能ですが、一方で、「送別会」となるとさすがに断るのを申し訳なく思い、参加してしまいます。

そんな時、なるべく早く帰るために2次会を避けるテクニックを5つ紹介します。本来ならば「1次会から参加しない」というのが鉄則ですが、ここでは1次会には参加しているものとします。

また、くれぐれもお金を払うことは忘れないようにしてください。懐は暖まりますが、それ以外のところで大嵐となります。

 

1 上司とともに帰る

 良い年の上司であれば、「後は若い人で!」という感じで去って行く人も多いはず。そうゆう人にくっついていきましょう。さも当然のように一緒に行動するのが大切です。周りは一瞬、「え??」みたいな雰囲気を醸し出しますが、堂々と無視しましょう。

 

2 皆とは違う出口から出る

 建物の出口が複数あるならこれがチャンス。皆とは違う出口を積極的に目指しましょう。だれの目にもとまらずにスッと帰ることができます。

 

3 存在感を消す

 1次会で注目を浴びてしまうと、2次会に御呼ばれする可能性が出てきてしまいます。そうならないように、静かにしていましょう。いるかいないかわからない程度に。皆が自分の存在を忘れてくれるようにきれいさっぱり忘れられたなら、お店から出た後に堂々と帰って行っても、誰も気にしないでしょう。

 

ぜひ試してみてください。

ちなみに1は効果あることを実戦で確認済み!