input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

ブログを書く力

ブログの毎日更新を心がけて、だいたい1ヶ月くらいとなった。ところどころ休憩はあったものの、思った以上に更新できていることに正直驚いている。1週間くらいで脱落をしたり、2日に1回ペースの更新になるかと思っていた。

 
ブログの記事を書きだめすることはなく、各直前にネタを考え、書いたものをすぐに公開することを心がけている。書きだめをすると新鮮さが欠けるし、ネタ探しに時間を費やすのももったいないし、文章をきちんと推敲する時間ももったいない(推敲は、本来はした方が良いと思っているけど)。なるべく「生」の思考を記事にしています。
 
高頻度更新をするためには、やはり書く力が必要となる。書く力には幾つかあるが、自分が大事だと思う力を3つ紹介しよう。
 

1 時間を作る力

ブログ記事を書こうとなると、20分〜30分は最低必要となる。ネタを出し、文章を考え、タイピングする。意外と時間がかかる。ネタ出しに困ってしまったり、「バカが何か書いてる」と思われないように文章に拘りを出すと、とたんに時間がかかる。そのために、書く時間を作り出す力は非常に重要だ。何を削るかも考えなくてはいけない。
  • 仕事を効率化する(サボる)
  • 家事分担を見直す(すでにほとんど嫁さんがやっている)
  • 子供に色々と興味を持ってもらい、一人で遊んでもらう(結局一人でできなくて絡まれる)
この観点で行くと、早寝早起きをオススメしたい。夜に疲れた中で仕事をするよりも、朝のリフレッシュ状態の頭で作業をした方が効率的にできる。気がする。
 

2 ネタに昇華させる力

ネタが出ないと書きようがない。そうゆう意味で、とても重要な力である。例えば今日の記事などは、「ネタがないなぁ、どうしようかなぁ、ネタを出すことを記事にすればいいかなぁ」くらいの感覚で決定した。身の回りで起きた事件・事故や、他人の不幸、自分の幸運など、意外とネタになることは転がっている。これを、きちんとネタになるように頭の中でコネて、立てる力が非常に大事だ。
ニュース単品だと記事にしてもボリュームが足りない。でも、他のニュース記事や、その他の情報、自分の経験を足し合わせると、十分に記事になれるのだ。
 

3 感じない力

記事として公開をした瞬間、そのヘタクソな文章、つまらない内容、チンケな感想は、世界中の人々から見られる可能性がある。あなたが犯罪者になったら、ワイドショーでブログを公開され、「こんなアホな考え方を持っているのだから犯罪しても仕方ないね」とか言われてしまう。そんな風評やリスクを「感じない力」がとても重要だ。
ブログの記事は確かにあなたの責任で公開する。これは間違いない。
記事を見た相手が適当に解釈し、バカだなんやと叫ぶ。これはあなたの責任でもなんでもない。勝手に言わせておけばいい。
そのくらいの気持ちでおけば、推敲しないで入力ミスがあるくらいは全然気にならない。むしろ、記事を作って、公開して、インプット・アウトプットを繰り返すことで、ブログの質はどんどん良くなっていく。これでいいじゃないか。
 
以上3つ書いてみた。
20分くらいで完成。頑張った。