input & output

input したことを output していくブログ

「マスタリー」を読んで(その2:Ⅱ現実を受け入れる……理想の修行期間)

「マスタリー」のⅡ章を読み終えました。本自体にボリュームがあるのと、1日に読み進められる量が少ないのとで、だいぶ時間がかかってしまいました。Ⅱ章は想像通り、今の自分に対して必要な示唆に富んでいました。

 

 

 

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

 

 

 

 

目次(Ⅱ章のみ)

Ⅱ 現実を受け入れる……理想の修行期間
  第一の変容
  マスタリーのためのヒント
      修行期ー三つのステップと姿勢
          ステップ1:じっくりと観察するー受動的姿勢
          ステップ2:技術習得ー実習期
          ステップ3:実験ー積極的な姿勢
  理想的な修行期にするための戦略
      1 金銭よりも学ぶことを重んじる
      2 視野を広げ続ける
      3 劣等感を呼び覚ます
      4 過程を信じる
      5 抵抗と苦痛の方へ動く
      6 失敗を活かす
      7 ”仕組み”と”見かけ”とを結びつける
      8 試行錯誤しながら前進する
  もう一度考えてみよう
 

エッセンス

修行期の目的は、金でも地位でも肩書きでも免状でもなく、自分の精神および人格を変えることにある。そのためには、多くを学べそうな仕事と地位を選ぶことが肝心だ。
修行期には3つのステップがあり、それぞれのステップで自身が取るべき姿勢も異なる。
  • ステップ1:じっくりと観察するー受動的姿勢
  • ステップ2:技術習得ー実習期
  • ステップ3:実験ー積極的な姿勢
修行期を短縮または回避する方法はない。人間の脳の性質として、かなり長期間、特定の分野に触れ続ける必要がある。近道を見つけたいという願望を持つ事じたい、達人への道が閉ざされたも同然だ。このプロセスに一発逆転はない。
 

感想

まさに修行期の真っ只中にいる自分にとって、「近道はない」という一言が、ショックでもあり、励ましの言葉にもなった。普通の道や、遠回りの道でも、マスタリーへの道は続いているんだなぁといいように解釈しています。
「じっくりと観察する」という点については、自分には明らかにかけている視点であると感じます。ステップ1からできていないという状況ですが、これを機に、じーーっくりとまわりを観察してみます。

 

 

 

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力

マスタリー: 仕事と人生を成功に導く不思議な力