input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

ムーミン襲来

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150701-00075280-toyo-soci&p=1

 
埼玉の奥地にムーミンが襲来するようです。
誰もが思う疑問が、いくつかある。
  1. なぜムーミンなんだ?
  2. なぜ埼玉の奥地なのか?
  3. 儲かるのか?
  4. どこの会社がこんなことやるのか?
1、2、3についてはわからないが、4については公表されている情報から少しだけ調べてみた。
 
事業を行う会社は、フィンテックグローバル株式会社。投資事業をおもに行っている。
前期末時点(2014年9月末)の規模としては、概ね以下の通り(直近の四半期報告書を参考にした)。
  • 売上 3,911百万円(約39億円)
  • 総資産 7,452百万円(約74億円)
  • 純資産 5,534百万円(約55億円)
この後、新株予約権の行使により、2,539百万円(約25億円)の資金調達を計画しています。これが実現すれば、総資産は100億円、純資産も80億円程度が見込めます。
 
どーでもいいですが、2Q報告書のキャッシュ・フローの分析で、財務活動によるキャッシュ・フローに関する記述の冒頭文が、「投資活動」という文言になっています。公表される情報でも、あまり細かいことは気にしない会社のようです。
 
あと、営業キャッシュ・フローも赤字が続いていて、本業ではキ最近ャッシュを稼げていないことが伺えます。一方で資金調達は出来ているから、将来性は見込まれているということでしょうか?
 
冒頭の記事では、土地の取得だけで6億円程度要していることから、総事業費としては総資産の10%程度になりそう。この会社にとっては相当大規模な案件だと推測できます。
 
これだけの案件がずっこけた時のIRが、非常に楽しみです。
成功したら、そのストーリーを本に出してほしいなぁと思います。