input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

金曜日は酔っ払いながら考える やみくもに吐き出す愚痴の効用

すごく久し振りに、仕事の仲間と飲み会をした。

普段、飲み会は基本的に拒否。本が読めなくなるから。
家に帰って子供と触れ合うか、子供の寝顔を見る方が良いと思っています。
今回の飲み会は、会社を離れる同期を送るためのもの。さすがに拒むのは野暮かと思い、参加しました。
 
会社の飲み会だと、基本的に会社の愚痴になるのはどこも同じなのでしょうか。
給料だの、労働時間だの、普段仕事をする仲間のことだの。。。
側から聞いていると、「こいつらレベル低いなぁ」と思われるようなことを、飽きもせずに2時間も、3時間もしゃべっている。
自分の仕事の効率性や能力を上げたいのならば、この時間はムダです。本を読んだ方がいいでしょう。残業した方が良いでしょう。
 
しかし、今の自分には、このムダな時間が必要でした。
仕事に疲れて、仕事について忌憚なく話せる人たちと、ムダな仕事の話をすることは、なぜかとても気持ちを軽くします。お酒のせいかもしれません。内容も気にせずに、普段の10倍くらい話して声を出したせいかもしれません。
 
そうやって、思うことは、やみくもに吐き出す愚痴は、普通の人が生きていくためにはとっても大事なことなのかな、ということ。
inputをしたらoutoputをするのが大事なように、ためこんだストレスをうまく吐き出すことで、バランスを取ってるんだなぁ、と改めてかんじた。
 
……と、ブログのネタにできるなぁ、と副作用もありましたとさ。