input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

未来の「働く」を考えるときに、ぜひ読みたいオススメの3冊

20年後の未来に、あなたはどんな環境で、どんな仕事をしているのでしょうか。

そんなことを考えるときにぜひ読みたい3冊を紹介します。
 

① 残酷な20年後の世界を見据えて働くということ(岩崎日出俊)

 本書では、20年後の日本の姿を推測し、その「残酷な世界」で生き抜くためにどうすれば良いかを説いています。
「どうしたらレッド・オーシャンを避け、働きがいのあるキャリアを送れるのか。」筆者と一緒に考えてみるのはいかがでしょうか。
 
 
 

② レールの外ってこんな景色(佐藤慶一 編)

人気ブロガー10名が、どうゆう経緯でブロガーになったか、ブロガーになってどうなったか、ブロガーになるにはどうしたらいいか……などなど、将来ブロガーになりたい人には絶対にオススメです。ブロガーになりたいなんてこれっぽちも思っていない方!脱線することで何を得られるかを本書でしりましょう。
 
 

ブラックジャックによろしく()

  本書は大学病院が主な舞台となっています。一見特殊な環境ですが、おなじようなこと(激務、上司への媚び・へつらい、等々)はどこにでもあることです。主人公が感じ、味わう理不尽さに、あなたの姿を重ねてみてください。思った以上に、「働く本」です。
 
いかがでしょうか。
少しでも選択肢が広がったら、嬉しいです。