input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

2歳児にプレゼントをすると喜ばれる絵本

 先日書いた記事がスマートニュースの「読書」タブで取り上げられていました。多くのブクマをいただいたおかげです。ありがとうございました。

 

input-and-output.hatenablog.com

 

 そうやって気を良くしていたら、こんな記事も見つけました。どうやら私の記事は、欺瞞に満ちていたようです。せっかくなので、欺瞞の塊になってみようかと思います。息子に時短戦士*1の信念を植え付け、心優しいヒーローになれるよう、日々本を通じてトレーニング!

 

 ということで、今日は2歳の我息子にプレゼントをしたらとても喜んでもらえた本たちを紹介しようと思います。

 

1.ノンタン シリーズ

 もう王道ですね。ノンタンを読まないで育った子はいるのでしょうか*2?この時期なら、本屋の児童書コーナーには「ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))」が出張ってきていると思います。

 さてさて、ノンタンのサンタはいつ来るのかな?

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

2.いないいないばあ

 多分、対象年齢的には1歳児なのだと思うのだけれど、うちの子は2歳になってようやくこの本の面白さがわかってきたみたいだ。

 ただただ、いないいないばあ。これをし続ける本です。

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

3.もう脱げない

 一時期、一部で話題となっていました*3。もしかしたら、2歳児には難しいかもしれない。うちの子は、なんとなく足をバタバさせているのを面白がっているような気がする。

 親世代、じじばば世代には、とても受けるのではないか。オチも秀逸だと思う。

もう ぬげない

 

4.ないしょでんしゃ

 こちらも冬のシーズンにぴったりの絵本。春までお休みとなった「もりのひろば」駅、みんなで駅と電車を綺麗にお掃除。みんなが帰った後、駅長さんがでんしゃで寝ていると……。

ないしょでんしゃ

 

5.乗り物図鑑

 これも絵本!と無理やりねじ込んでみる。絵じゃなくて写真じゃないか!とかいうツッコミは受け入れない!やっぱり男の子は乗り物好きですね。ついでに自分も読んで、鉄分が増加しました。

のりもの2000 (単行本)

 

 おっと!時間がなくなってきた!

 時短戦士は仕事に向かいます。クリスマスにお薦めの絵本を探索中。いいのがあれば教えてください!