input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

何も考えたくないときの思考法 〜 ただ書き殴る 〜

 出張で地方に来て、美味しい夕食を食べ、ビールを飲み、部屋に帰れば布団も敷いてある。温泉も最高。

「あぁ、もう何も考えられない」

 

 一度脳が考えないモードに入ると、頭で何を思ってもダメ。思考がシャボン玉のように、パチン。パチン。と消えていく。まるで思考を放棄しているかのよう。

 そんな中、思考の放棄にはいくつかの種類があることに気づいた。

  • 意識的に考えることをやめる
  • 意識的に考えないようにする
  • 無意識に考えない
  • 考えることができない状態

 そんな状態にいる中で、なんとかブログに書くことをひねり出そうと、頭に浮かんだことをひたすら付箋に書き殴ってみた。選別をせずに、思いつきかけたことを整理もせずに、持っていた付箋にはき出す。

 そうこうしているうちに、こうやってはき出したものの中から、ブログに書けそうなことがいくつか見つかってきた。

  • 今日見学した工場で感じた「ボトルネックの存在」
  • 時間とやる気の反比例 〜妻と子がいないとなぜ思考が止まるのか。リラックス効果の負の側面〜
  • やることはあるはずなのに、なぜ「やることはない」と思えるのか

 

 「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」という本がありますが、こうやって思考する前に付箋に書き殴ることは、ゼロ秒思考のさらに手前、-5秒思考

 

 何も考えたくないけれど、物事を前に進めなければいけないときに、この-5秒思考をオススメします。