input & output

完全文系プログラミングど素人が機械学習に興味を持ってしまった。

時短勤務を始めた男が、開始3日目で実感した5つの効用

 男性で育児休暇や時短勤務を活用している方は、どれくらいいるでしょうか。多くの企業で制度自体はあるものの、実際に使っている人は少ない*1のではないでしょうか。私の勤務する会社でも、同じような状況です*2

 なぜ、これらの制度が利用されないのか。理由はいくつか考えられますが、一番大きなところは「評価」ではないでしょうか。時短勤務の利用を望んでも、「勤務時間が短くなることで上司からの評価が下がる」「残業対応しないことでクライアントからの評価が下がる」「評価が下がると、昇進・昇給・ボーナスに響く」といった不安があり、なかなか声を出せない現状があると思います。

 ちなみに、私の勤務する会社のある部署で調査したところ、部下と上司の認識が全く異なっているという面白い結果が出てきました。

 

  部下:時短勤務の利用 → 評価下がる

  上司:時短勤務の利用 → 評価に影響しない → むしろ効率的に作業をすることを評価する

 

 完全に正反対です*3。部下は心配しすぎなのかもしれません。このアンケートでは、未婚・子供がいない比較的若手(20〜30代前半)で、育休や時短勤務を将来利用したいという人が多かったようです*4。変な心配をせずに、まだ利用していない人が声を上げる事を願ってやみません。

 私は、時短勤務を利用してまだ3日目ですが、すでに5つの効用を感じていますので、紹介したいと思います。まだ利用していない方はぜひ参考にしてください。そして、育休・時短勤務の利用に踏み切りましょう!!

 

1.生活リズムが規則正しくなる。体調が良くなる。

 早寝早起きの習慣ができます。子供を保育園に送っていくためには、まず自分が早起きをして、子供を起こし、諸々準備をしないといけません。そのためには、夜更かしはできません。以前はダラダラと深夜2時くらいまで起きていましたが、今それをやってしまうと翌朝失敗することが目に見えています*5。そのため、0時前には必ず寝ます。早ければ、子供と一緒に21時には寝ます*6。そうやって規則正しい生活を送っているため、体調がいいように感じます。食欲が増し、体重が増えてきました。少し長生きできそうです。

 

2.帰宅時の満員電車から解放される。

 時短勤務により、帰宅ラッシュよりも一歩早く帰ることができるため、満員電車の苦痛から解放されます。電車では座れて、ゆっくり本を読む余裕があります。ブログのネタも考えられ、とても有意義です。

 

3.家族と過ごす時間が長くなる。

 朝ごはん、晩ごはん、お風呂、就寝。子供が家にいる時間帯はずっと一緒です。以前は残業して帰宅すると、子供も妻も寝ていましたが、今は多くの時間を過ごせます。これは私にとって本当に素晴らしいと感じることです。効用の中で、最も価値のあることだと思います。

 

4.仕事時間中の集中力が上がる。

 作業時間が短くなる分、作業している間の集中力は増します。以前は残業をすればいつまででも仕事ができましたので、多少日中が非効率になっても、夜に挽回できました。しかし、時短勤務を利用するとそうはいきません。規則正しい生活リズムで体調が良くなっていますので、これも利用してガッツリと取り組めます。

 

5.無駄なことに、毅然とNOと言える。

 以前は、自分がやらなくても良いこと、無駄な作業(会議や飲み会)であっても、時間の制約が緩いため、NOと言わずに自分で対応していました。しかし、今それをやると自分のところで仕事が止まり、先に進まなくなってしまいます。自分がボトルネック化してしまうのです。これを避けるために、「安易にYESと言わない」ことを徹底しています。「NOということを徹底する」という境地にはまだたどり着けていませんが、なんとかそこまで行きたいと思っています。

*1:少ないというよりもいない。

*2:育休を取得した事例があるだけ、もしかしたら進んでいるのかもしれません。

*3:もちろん、完全匿名とはなっていないアンケートであるため、上司が格好をつけた可能性は否定できませんが、そうゆうところを考えても仕方がないので出てきた結果を受け止めましょう。

*4:対象者の30%〜50%が利用希望。

*5:朝から失敗することは、その日1日を憂鬱にするので絶対避けたい!

*6:朝6時に起きると9時間睡眠。さすがに寝すぎかもしれない。

デザイナーという職業に対する、新たな視点。

ひとつ上のアイディア。[新装版]

 

 

  この間「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」を読みましたが、「そもそもデザインってなんだろう?」という疑問に突き当たり、何か良い本がないかと探していたところ、本書「ひとつ上のアイディア。[新装版]」と出会いました。

 

 本書では、20人のデザイナーが、アイディアについて以下の側面から持論を展開する構成となっています。

  • アイディアの「視点」
  • アイディアの「論理」
  • アイディアの「環境」
  • アイディアの「作法」
  • アイディアの「経験」

 どのデザイナーの意見も、とても参考になりますが、私が注目したのは各デザイナーの紹介文です。デザイナーといってどんな仕事が思い浮かぶでしょうか。ロゴ作成。建築。服飾品のデザイン。広告。広く言えば、ビジネスの方法、生産工程の構築もデザインの一種でしょう。この他にも、こんなことにもデザイナーって関与しているんだ!企業が自社内で全部考えているんじゃないんだ!ということがわかり、仕事の幅の広さを感じました。デザイナーを志望している人は、ぜひ本書を読んでアイデアを得つつ、仕事の広さを実感してみてください。気になった仕事をいくつか並べておきます。ついでに、これらを見たときの自分の感想もつけておきます。

  • CMソングの作詞(歌まで作るのか!)
  • 映画監督(映画の宣伝だけでなく、作るのか!)
  • ウォーターボーイズのオリジナルグッズ(会社内の一部署だけでやるんじゃないんだ!)
  • 新潮社「Yonda?」キャンペーン(キャンペーンのロゴではなく、それ自体をデザインするのか!)

 気になった方は、ぜひ本書を手に取ってみましょう。デザイナーという職について、新たな視点が得られると思います! 

 

 ついでの話ですが、本書の中で、先日読んだ「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」で主人公が直面した危機と同じ状態となり、同じような方法で解決したくだりが出てきました。興味がある人は探してみてください。

 

input-and-output.hatenablog.com

 

 

input-and-output.hatenablog.com

 

童心に帰って、当たり前の事を考えてみる「世界一ときめく質問、宇宙一優しい答え」

  • 世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え: 世界の第一人者は子どもの質問にこう答える

 

 本書は、「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え」という本の続編です。イギリスの子供達(日本でいう小学生前後の子たち)の素朴な疑問に、いろいろな専門家が答えていくというものです。質問の数は131個もありますが、一つあたり1〜2ページで完結しているため、とても読みやすい。

 小学生の子供に質問をされた時のカンペとするもよし、素朴な質問を忘れてしまったすさんだ心を癒すもよし、本屋で暇潰しをするときに立ち読みをするもよし。私は、「シンプルな質問ってなんだろう?」という疑問を解決する種にするために、本書を眺めています。子供がもう少し大きくなったら、カンペに使うかもしれません。

 

 以下で、本書に含まれている質問と、その回答をした人の肩書きを一気に列挙しておきます。一つでも興味があれば、本書をどこかで手に取ってみてください(Kindle化されていないのが残念!)

 

  1. 宇宙には行き止まりがある? (素粒子物理学しゃ)
  2. サルはこれからヒトになっていくの? (動物学者、植物学者)
  3. グルグルまわると、どうして目が回っちゃうのかな? (テレビに登場する開業医)
  4. 毎日が夢のなかのできごとではないと、どうしてわかる? (イリュージョニスト)
  5. 世界で最初の楽器はなに? (俳優、作家、コメンテーター)
  6. どうすればサッカー選手になれる? (元イングランド代表サッカー選手、現在はサッカー解説者)
  7. ブラックホールの中で生きられるものはある? (宇宙の本の著者)
  8. 人間は何のために生きているの? (哲学者)
  9. お金はどんどん印刷できるのに、どうして不景気があるの? (作家)
  10. おしっこを飲めないのはなぜ? (冒険家、サバイバルの達人)
  11. カーナビの声の人はどうやって行き先がわかるの? (科学技術の本の著者、ブロガー)
  12. どんなものからでも歌は作れる? (ミュージシャン、シンガーソングライター)
  13. クモは話せる? (昆虫学者)
  14. だれが王様と女王様を考えだしたの? (ジャーナリスト、作家、コメンテーター)
  15. DNAってなあに? (サイエンスライター)
  16. お風呂にはいると指がしわくちゃになるのはなぜ? (進化生物学者)
  17. 宇宙で叫ぶと、なにか聞こえる? (コメディアン、俳優、サイエンスライター)
  18. だれかがおならをすると、なにがおかしいの? (コメディアン、作家、女優)
  19. ヴェロキラプトルとチーター、どっちが速く走れる? (作家、イラストレーター、恐竜の専門家)
  20. 新しい科学技術はいつもよいもの? (言語学者、哲学者)
  21. キウイはどうして毛むくじゃらなの? (ガーデニングライター、コメンテーター)
  22. 雷が海に落ちても魚が死なないのはなぜ? (科学者、コメンテーター)
  23. どうして右と左があるの? (クイズ番組「QI」の作者)
  24. 見えないインクはどんな役に立つ? (サイエンスライター)
  25. 葉はどうして秋にだけ落ちるの? (ガーデニングライター、コメンテーター)
  26. ぼくがあくびをすると、近くにいる人もあくびをするのはなぜ? (神経科学者、コメンテーター)
  27. クェンティン・ブレイクの絵はどうしてゴチャゴチャしているの? (画家)
  28. ヒヒのお尻はどうして赤い? (野生生物番組のプレゼンター)
  29. ウィンストン・チャーチルはイギリスのためになにをした? (歴史家)
  30. 流星と小惑星の違いはなに? (科学と自然の本の著者)
  31. 自動車はガソリンじゃないもの、たとえば水で走れないのはなぜ? (科学・芸術番組のプレゼンター、ライター)
  32. どうしてタマネギで涙が出るの? (科学番組のプレゼンター)
  33. シマウマはなぜ縞模様なの? (生物学者)
  34. 風船を発明したのはだれ? (サイエンスライター)
  35. お年寄りはどうしてポピュラー音楽が好きじゃないの? (小説家、元政治家)
  36. 食べたトウモロコシがそのままの形で出てくるのはなぜ? (サイエンスライター)
  37. 人はどうしてなにかを数えるようになったの? (数学の本の著者)
  38. モナ・リザに眉毛がないのはなぜ? (レオナルド・ダ・ヴィンチの研究者)
  39. 未来にはテレポートできるようになる? (サイエンスライター)
  40. ドードーの最後の一羽を殺したのはだれ? (ロンドン自然史博物館研究員)
  41. ウシやヒツジのような動物にも「訛り」はある? (音声学者)
  42. イアン・フレミングはどうやってジェームズ・ボンドを考えだしたの? (小説家、脚本家)
  43. コマドリとクロウタドリは友だちになれる? (バードウォッチャー、テレビ番組のプレゼンター)
  44. バナナだけ食べて生きていける? (育児本の著者)
  45. よい本を読むと泣けてしまうのはなぜ? (作家)
  46. どうして海には潮の満ち引きがあるの? (サイエンスライター)
  47. 地球上に最初にあらわれた恐竜はなに? (恐竜の専門家)
  48. 星はどうしてきらきら光って見えるの? (天体物理学者)
  49. ニュースがなにもないとき、新聞はどうする? (ジャーナリスト)
  50. メスライオンにはどうしてたてがみがないの? (野生動物カメラマン、ナリュラリスト)
  51. パントマイムはいつできた? (歴史学者)
  52. 科学でいちばんたいせつなことは? (ノーベル賞を受賞した生物学者)
  53. サソリに紫外線をあてると光るのはなぜ? (生物学者) 
  54. わたしのお父さんはどうしてちっともロトにあたらないの? (経済学者)
  55. 女の子は人形が好きで男の子は自動車が好きなのはなぜ? (心理学者)
  56. なにが海の波を起こしている? (物理学者)
  57. わたしが飼っている金魚は、わたしがだれだかわかってる? (生物学者)
  58. 時計はどうやって発明された? (作家)
  59. くしゃみするとき、どうして目をつぶっちゃうの? (開業医、コメンテーター)
  60. 風船をたくさんもてば浮かべるの? (風船気球乗り)
  61. ぼくの脳は小さいのに、どうやってたくさんの情報をためているの? (サイエンスジャーナリスト)
  62. これまでに宇宙に行ったことのある動物はなに? (サイエンスジャーナリスト)
  63. ローマ人はなぜいつも侵略ばかりしていたの? (歴史家、作家)
  64. お年寄りにはどうしてしわがあるの? (医師、作家)
  65. ヘストン・ブルメンタールはどうしてシェフになろうと思ったの? (シェフ)
  66. おならはなぜもえるの? (科学番組のプレゼンター)
  67. あまり点をとらなくても、ほかの選手よりたくさんお金をもらうサッカー選手がいるのはなぜ? (ジャーナリスト)
  68. チョウはどうして行き先がわからないみたいに飛ぶの? (ネイチャーライター)
  69. 潜水艇はどれだけ深く潜れる? (深海探検の本の著者)
  70. ほかの人より歌がじょうずなひとがいるのはなぜ? (合唱団指揮者、歌手)
  71. タツノオトシゴはどうしてオスが赤ちゃんを守るの? (進化生物学者、作家、大学教授)
  72. ネコにもわたしたちと同じ遺伝子があるの? (サイエンスライター)
  73. カに刺される人と刺されない人がいるのはなぜ? (開業医、医療ジャーナリスト、番組のプレゼンター)
  74. どうしてニューヨークをビッグアップルと呼ぶの? (言葉についての本の著者)
  75. どうすれば目から牛乳を出せるの? (目から牛乳を飛ばすチャンピオン)
  76. 空を飛ぶ飛行機はどうしてぶつからないの? (サイエンスライター)
  77. ぼくたちはどうやって言葉を話せるようになる? (認知科学者、作家)
  78. 食中毒になるのはなんのせい? (テレビ番組のプレゼンター)
  79. クジラはどうしてあんなに大きいの? (進化生物学者)
  80. 寒いとふるえてしまうのはなぜ? (開業医、コメンテーター)
  81. V字形になって飛ぶガンは、どうやって先頭の一羽を選ぶ? (ガンについての本の著者)
  82. ヴァイキングとケルト人では、どっちのほうがおそろしかった? (考古学者)
  83. 赤ちゃんはどうやって自分が男の子になるか女の子になるか選ぶの? (開業医、医療ジャーナリスト、番組のプレゼンター)
  84. ネコはなぜいつも足で着地する? (作家、ペット相談解答者)
  85. 指の爪はどこから出てくるの? (細胞学の専門家、コメンテーター)
  86. 人間はほかの惑星にも住める? (サイエンスライター、コメンテーター)
  87. 花はどうしていいにおいなの? (ガーデニングライター、コメンテーター)
  88. 世界中に何人の人がいるか、どうやってわかるの? (医師、統計学の達人)
  89. 世界中のぜんぶの山に登った人はいる? (登山家、写真家)
  90. いちばんたくさん辺がある図形はなに? (数学者)
  91. 本はなぜあるの? (ライター)
  92. いちばん危険な海の生きものはなに? (海洋生物学者)
  93. どれだけ深く土を掘れば恐竜の骨が見つかるの? (恐竜の専門家)
  94. 赤ちゃんはふつうの言葉で考えているの?それとも赤ちゃんだけの言葉で考えているの? (心理学者、作家)
  95. 死んだ人の髪の毛はのびる? (葬儀管理士、作家)
  96. カメがサッカーのピッチを一周するのにかかる時間は? (コメディー・ショーもする数学者)
  97. 未来の家はどんな家? (作家、コメンテーター、デザイナー)
  98. タコもおならをする? (比較細胞学者)
  99. オーロラはどうやってできる? (天体物理学者)
  100. 金属はなぜあんなに丈夫なの? (エンジニア、材料科学者)
  101. オレンジの名前が「オレンジ」なのに、バナナの名前はなぜ「黄色」じゃないの? (言葉についての本の著者)
  102. 静寂も音なの? (科学・芸術番組のプレゼンター、ライター)
  103. どうしてペンギンをお風呂で飼えないの? (ロンドン動物園の飼育員)
  104. 宇宙には銀河がいくつある? (サイエンスライター、コメンテーター)
  105. 人にはどうして感情があるの? (哲学者)
  106. ジェットコースターがさかさまになっても、乗っているわたしたちはどうして落ちないの? (科学者、コメンテーター)
  107. 世界中でいちばん大きい昆虫はなに? (昆虫学者)
  108. アラスカに行くならどの季節がいちばんいい? (トラベルライター、小説家)
  109. 世界には何種類の言語がある? (言語の専門家)
  110. わたしたちはどうして泣くの? (心理学者、番組のプレゼンター)
  111. 海には魚が何匹いる? (海洋生物学者)
  112. どうしてむねがドキドキしてしまうの? (開業医、医療ジャーナリスト、番組のプレゼンター)
  113. 氷ににおいはある? (気候変動のライター、コメンテーター)
  114. 小惑星が地球に衝突するのをどうすればとめられる? (宇宙の本の著者)
  115. どうしてネコは「ミャオ」、ウシは「ムー」、ヒツジは「バー」と鳴くの? (翻訳家)
  116. なにが食べものを腐らせているの? (昆虫学者)
  117. 人間にしっぽがないのはなぜ? (古生物学者)
  118. なぜ虹は曲がっているの? (大の数学好き、科学好き)
  119. 世界でいちばん弱いサッカー代表チームは? (ジャーナリスト、サッカーの本の著者)
  120. どうして自分が小さかったころのことをおぼえていないの? (神経科学者)
  121. マルハナバチはどうしていなくなりそうなの? (環境活動家、ライター)
  122. わたしはどうすればプリンセスになれる? (歴史学者)
  123. 味蕾はどうやって味がわかる? (開業医、医療ジャーナリスト)
  124. 磁石はなぜ金属だけにはりつくの? (科学者、コメンテーター)
  125. トウガラシはどうしてあんなにからいの? (料理本の著者)
  126. 北極と南極の氷床がとけると、海の生きものに影響はある? (気候変動のライター、コメンテーター)
  127. ヘビはどうして食べものをかまずに呑んでしまうの? (獣医師、野生生物番組のプレゼンター)
  128. テレビはなぜ発明されたの? (国立メディア博物館の学芸員)
  129. わたしたちはどうして水中で息ができないの?魚は息をしているのに! (科学ジャーナリスト)
  130. 宇宙飛行士はなにを食べる? (宇宙医療の専門家)
  131. 意地悪な人にも、いつもやさしくしなくちゃいけない? (コメディアン、俳優、番組のプレゼンター)